本文へスキップ

Romeo-hp





-Reverseにギアが入るとHOMEに戻ります-


prologue

第2章

いよいよ復活へ

旧車にとっての12年は、あまりにも永い

当時は2週間に一度はエンジンに火を入れていた

1年、3年、5年と時は過ぎていく

車を触らない日々に、ふと思うこと

どこに不具合が出ているか?

どこまで整備しないと掛けれないか。

なるべく考えないようにしてきた思い


12年の時を経て

今、動き出す




【整備記録を参考にされる皆様へ】

昭和26年法律第185号 道路運送車両法より抜粋

(中略)

(使用者の点検及び整備の義務)
第47条 自動車の使用者は、自動車の点検をし、
及び必要時応じ整備をすることにより、

当該自動車を保安基準に適合するように
維持しなければならない。


(日常点検整備)
第47条の2
2 自動車の使用者又はこれらの自動車を運行する者は、
一日一回、
その運行の開始前において、
点検をしなければならない。


(中略)

第49条 自動車の使用者は、点検整備記録簿を当該自動車に据え置き
当該自動車について点検又は整備をしたときは、遅滞なく、
次に掲げる事項を記載しなければならない。


一 点検の年月日
二 点検の結果
三 整備の概要
四 整備を完了した年月日
五 その他国土交通省令で定める事項

2 自動車の使用者は、当該自動車について特定整備
(原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、
制動装置
緩衝装置、連結装置又は自動運行装置

を取り外して行う自動車の整備
又は改造その他のこれらの
装置の作動に影響を及ぼすおそれがある整備
又は改造をしたときは、遅滞なく、前項の
点検整備記録簿に記載しなければならない。
ただし、自動車特定整備事業者が当該特定整備を
実施したときは、この限りでない。


※要するに、整備の知識、経験の少ない使用者は、
自分で整備せずに
車屋さんに整備をおねがいしましょう。

自分で整備したらいけません。とは書いてありません。

自分で整備したら、遅滞なく整備記録簿に記載して
自動車に据え置きしなさい。と書いてあります。

上記、法律を理解いただき、それなりの整備工具も準備して
自己責任にて整備されますことを切に願います。

※以降の整備記録は、あくまでも参考までに止め
自分で行われた整備については、当HPでは一切
責任を負えないことを追記します。

まずは、ブレーキパッド

Fキャリパー

Rキャリパー

ローター


ハブとバックプレート

リア、ハンドブレーキ

ブレーキマスターシリンダー

クラッチレリーズシリンダー

燃料タンク

キャブOHとインシュレーター

ラジエーター

オイル交換

ノーマルパーツ取付

車検へ






ナビゲーション