ALFA ROMEO MUSEO への案内!

 ミラノ中心地から車で約30〜40分
タクシーは日本のように流しで拾うことは基本的にありません。

ホテル等でタクシーを呼ぶのもいいですし、国際免許証を申請して
レンタカーで自分で行ってみるのもいいかもしれません。

 ルートは簡単です。
ミラノ中心部から北西を目掛けて進んでください。
高速道路標示を見つけてください。

A-8(アウトストラーダ)に入ります。
高速料金は始めにアレーゼまでの分を払います。
帰りはミラノで払いますので同じ料金所になります。

高速道路に入ったらアレーゼまで約20分ぐらいだと思います。
周りの車の猛スピードぶりにびっくりするかもしれません。
平均速度が130kmぐらいでしょうか?

とにかくみんな速いのなんの。
どんな車だろうがものすごく飛ばしますので
はじめは右側を走られるのを進めます。(もちろん、道路事情は日本と逆です。)

タクシーの人は片道料金は約60,000Lぐらいです。(高速道路料金を含む)
為替にもよりますが100Lで7円として4200円です。

それとは別に、チップを渡すのを忘れずに!
高速道路を走りながら右側に注意して走ってください。

ARESE の標識が見えてきます。もちろん、降りるのも右側です。
高速を降りるとそこは、もうアルファロメオ社しかない!って感じです。

すごい、田舎〜〜って感じです。
実際は、降りて5分ぐらい走ります。
アルファロメオはこっち!という看板が至る所にあります。運がよければ新作のアルファが
走ってたりするでしょう。

アルファロメオ博物館はアルファロメオ社の中の奥深くに潜んでいますので
表の通りからは見えません。
本社を目掛けて進んでください。

基本的に要予約です。見学時間は月〜金までの9時から12時30まで

午後は14時から16時30までです。

住所(Indirizzo)は ALFAROMEO MUSEO

20020 Arese MILANO
  でいいです。

TEL  02−93391です。

ホテルなどから予約の電話を頼んでもらって行くといいと思いますが
でも、実際は予約しなくても見学できるみたいです。

ただ、貸切のような撮影とか入っていたら見れないかも
しれませんので確認を取られた方がいいと思います。

 本社に到着したら、駐車場の奥に見学者専用のチェック(名前を書くだけですが
パスポートを預けることになります。)
があります。警備員さんがいますので明るくボンジョルノ!!でOKでしょう。

そして、チェックすぎると社員用の駐車場がまたあってその奥に本社に入るドアがあります。
そこから入って左に行きます。渡り廊下が結構長いです。その突き当たりに本社の受付があります。

その受付の右側に本社ビルを出る扉があります。146とか155が展示してあります。
その扉の向こうにはもう、ミュージアムの別館が見えています。

本社から離れること30メートルぐらいです。
まさに、ここに来る日を楽しみにしていました!!
って言いたくなる光景です。

外見はただのどこにでもあるような飾りのない博物館ですが
その中は入り口を中心に上に2階、下に2階と何層にもなったフロアに100台近くの
アルファが息を潜めていました。館内は掃除のおばちゃんが一人だけです。

英語はまったく通じませんでした。
写真を撮るのもビデオで撮るのもOKです。
入り口入って右側にパンフレットがあります。
無料で何冊でももらえます。私は6冊もらいました。
このパンフレットが無料にしてはかなりの出来栄えで
得をした感じでした。

ただ、車には手を触れてはいけません。って書いてありますので
見るだけにしてください。

私は行きませんでしたが本社の中にみやげ物を売ってる所もあるようです。
ぜひ、買われてはどうですか?たぶん、安いと思います。

アルファ好きな人には3時間ぐらいでも時間が足らないかもしれません。
昼休みが1時間30分ありますがその時間を待てるなら午後からも
見学してみたらどうですか?掃除のおばちゃんは時間厳守です。

12時25分ぐらいまで見てたら「早く出てください。閉めますよ〜!」って
感じで見ていました。・・・まだ5分あるよ〜〜日本からきてるのに!
って感じなのに・・・・そこはグッと堪えてまた、ミラノに戻るのでした。