ジュリアTIスーパー

Giulia T.I. Super


四葉の似合う車である。1963年1600TIの進化版として発表された。
車重は100kgも減り、960kgとなった。ヘッドライトの内側がメッシュ張りとなり
シングルユニットになったところが大きな変化点である。
当時から「醜いジュリア」と言われているが、とんでもない!!と私は思う。
実に、「美しい箱」と私は思う。サイドを彫刻刀で削ったようなプレスライン等
誰が真似できよう!先日のセントラルサーキットのチャオイタリアで
ル・ガラージュの五代さんのクルマ(ゼッケン25番)もすごい速くて
「箱が速い!」なんてかっこいいじゃありませんか!
私の兄(長男もジュリアスーパーのスタイルが一番いいと言ってます。)の
クルマもなんども乗りましたが「箱もいいな〜」ってよく思います。
わずかに501台だけの生産となったTIスーパー。