ジュリア1600・カングーロ

Giulia 1600 ”Canguro”


この車には、おもしろい話がある。私が気に入った車でもう一台1600SportPininfarina
と言う車が出てくるが、この2台はTZ1のシャシーをベースにしてデザイン会社3社が
それぞれにデザインした車である。TZとは(チューブラーレ;鋼管スペースフレーム)
のTにザガートデザインのZで”TZ”である。ザガート社がTZ1を124台作ったが
その内の12台はボディをFRPにして”TZ2”として発表した。
そして、その中でアウトデルタ製のベアシャシーを二つのデザイン会社に与えた。
一つはベルトーネで一つはピニンファリーナである。
そしてこの車はTZ1のシャシーによるベルトーネデザインの”カングーロ”である。
当時として鋼管フレームに後輪独立懸架のシャシーは画期的であり、その上
ベルトーネデザインによる精悍な獣のようなデザインは
お気に入りに当然入ってくるのである。