第12回目のテーマは ジュリアの車検ってどれくらい掛かるの?


一般的、外車の車検は高いとかってイメージがありますがそんなことは、ありません。

たしかに、ディーラーで頼むと高く付くのは、当たり前です。整備工賃が決まっていますし。

今回は、熊本でジュリアの整備をお願いしている、カーライフサポートC1で車検をお願いしました。

基本的工賃や、諸経費(税金)などは、どこに頼んでも掛かるものです。

基本工賃も掛けないなら、後はユーザー車検しかありませんよね。

大まかな、行程と金額をあえて、発表いたします。

これから、ジュリアのオーナーになる方のために!!ご参考ください。


2003年。ジュリア2000GTVを車検した場合
品名及び整備内容 数量 単価 金額 補足番号
自賠責保険24ヶ月 27,630 27,630
重量税 37,800 37,800
検査手数料 1,400 1,400
テスター使用料 630 630
小計 67,460
基本点検、整備 2.6 6,000 15,600
保安確認検査 1.5 6,000 9,000
小計 24,600
消費税 1,230
合計 25,830
不良箇所の追加整備
プロペラシャフト
ユニバーサルジョイント交換
1.9 6,000 11,400
右テールランプアース不良 2,000 2,000
マフラー溶接 5,000 5,000
ガソリン(ハイオク) 10 114 1,140
小計 19,540
消費税 977
合計 20,517
合計A+B+C 113,807 車検総額


補足番号 説       明
車検の時は、ラインに通しますが、その時下周りの検査官がいます。そして、熊本の陸運局(必ず、どこでも同じようにやるとは限りません。)では、エンジン下、クラッチ下、ミッション。プロペラシャフト。ドライブシャフトなど駆動系を叩いたり、回してみたり、揺すってみたりして、「ガタ」がないか?液漏れが無いか?を検査します。その検査で落ちるであろうと思われる項目で、今回、プロペラシャフトがあがりました。スプラインのガタはないのですが、ユニバーサルジョイント自体にガタが結構あり、乗っている時も「ガコ」っという音がしたりしていました。その部分の交換費用が発生しました。
1人でテールランプがちゃんと付いているかどうか?などってなかなかチェックしませんよね。ガラス張りの所でチェックしたりすればよいのでしょうけど。今回は、リアの右ストップランプとバックランプのアースが充分に取れていなかったようで、その整備代が発生しています。
フロントタイコの部分の付け根から、排気漏れが見つかったようで、この部分の溶接をしてもらいました。脱着工賃を含んでいます。


総評;

AとBだけなら、93,290円ということで、まったく整備する必要がない場合は、これだけになります。
エンジンの排気量により、税金は異なります。

ただし、まったく整備する必要がないってことは、ほとんどありえませんよね。

私の場合は、液類(エンジンオイル、ミッションオイル、デフオイル、ステアリングオイル、)
など自分で交換しています。この分のオイル代や交換工賃が普通なら追加されると思います。

通常、ふだんからある程度整備されている場合は、10万から13万で収まるというくらいに
思ってもらっていいと思います。

ディーラーで車検を受ける場合は、約倍くらい掛かってしまうと思います。

特に普段自分で整備をしない場合は、15万〜18万ぐらいは掛かるかも。(場所によります。)

私が、一番報告したかったことは、ここからです。

陸運局で車検を通す場合に、どの状態で車検したか!!!ってことです。

●初期登録時は、バンパー付きでしたが、今回は、付けませんでした。  OKでした!

●キャブレターの純正エアーフィルターは、エアファンネルとスポンジをかぶせるのみでOKでした。

●運転席のバケットシートは、シートの裏打ちが無い物でしたが、自分で裏側にビニール皮を
 接着してバケットシートのままでOKでした。

●私の2000GTVは丸目4灯式ですが、内側のライトを外したまま、エアダクトとして金網に
 変更していました。OKでした。 これは、元々伊藤忠時代、正規として、内側のライトは
 フォグランプとして使用するのみでしたので、ジュリアは、2灯式なのです。そのため外側ライトで
 ハイとローのランプ切り替えができるので金網でも問題なかったのです。

●室内の床は、すべて剥がしていましたが、OKでした。ただし、助手席や後部座席は設置しています。
 これは、乗車定員が5名ですので、必ず座席は設置していないといけません。
 また、ドアの内張などは、軽量のダンパネに変更していましたがOKでした。

●車高の最低地上高は、普段は、7cmですが、車検では、11cmに上げましたのでOKでした。

●フロントガラスにハチマキ(カッティングシート)をしていましたが、これは剥がしました。
  しかし、リアガラスのカッティングシートは、そのままでOKでした。

●マフラーは、すべて純正品に戻して、排気ガス検査をクリアーしました。
 タイコ無しの場合は、まず、検査は合格できません。

今回は、たまたまこれでOKだったかもしれません。また、各県の陸運局車検検査場により
微妙に検査員の着目視点や基準が違うようでもあります。

ですから、このHPでOKと言っても、トラブルに対する責任は負いかねます。ご了承ください。

あくまでも参考になればと思い掲載しております。


各項目へ戻ります。

トップページに戻ります。